DC年金で1000万貯める方法

  • 2020年1月25日
  • 2020年1月26日
  • お金
  • 310View
  • 0件

DC年金??ってなんぞや?

結論から言えば企業が負担してお金出して将来の年金の足しにしてくれてる制度ですね。福利厚生と言っていいでしょう。

基本的に大企業ほどDC年金制度があるらしいのですが、その比率がわかりません。

ググりますか。

この図を信用するかどうかは別として、サラリーマンの40%以上はDC年金があるとここでは仮定しましょう。

まぁまぁのサラリーマンがあてはまりますね。

超雑な計算ですが、DC年金で1000万貯めるのはさほど難しくありません。

DC年金では商品は選択できます。勤める企業によって差はあるのかもしれませんが、これがクソでかい差をうみます。

商品とは?

元本がほぼ割れることのない貯蓄型の商品。増えないが、減りもしない。

リート、不動産をファンドにしたような商品。

外国株の商品。

国内株の商品。

外国国債商品。

国内国債商品。

上記をMIXした商品。

どれを選ぶのかが人生で500万以上左右します。ほとんど全てのサラリーマンにとって。

ここでは正解は、外国株のインデックス投資一択である。

なぜなら今後も数十年は全世界的には経済が発展すると予想することは理にかなっており、過去の数字もそう示しているからだ。

勝間和代も言ってるからな!!

ファクトフルネスも私は読んでそう思う。

もっとも愚かな選択が、元本割れのリスクがない貯金型のDC年金商品である。

。。。。

何を隠そう。私が新卒依頼、ずっとDC年金を掛けていた商品がそれである。。

恥ずかしいことこの上ない。。

先日、全てを外国株インデックス商品に変更(スイッチ)してきた。

雑な計算なのであるが、サラリーマンと仮定すると、年金+厚生年金+退職金+DC年金が入るのである。

年金+厚生年金が仮に月20万とする。

退職金1000万とする。

DC年金で500万~1500万とする。

老後楽勝やないか。。

結論、サラリーマンなんてヌルゲー。

どんな理不尽があろうともザコは企業に這いつくばっているべきである。

それほど日本の年金制度とDC年金制度があればくいっぱぐれはしない。

だってそうだろう。

ホームレスだって、餓死するところを見たことなんてないだろう?

日本はそんな国なんだ。

何も心配する必要はない。

月20万+DC年金なんてあれば最強じゃないか。

だいたい月1万円を会社が積み立ててくれると仮定した場合、ざっくり30年で元金が400万である。

貯蓄型商品のままは当然400万のままである。

年利5%で外国株の商品にした場合、ざっくり1200万になる。

その差は約800万円。

この運用年数の長さが投資としては最強に重要なのである。

投資って怖い?

元本保証大好き?

そんなバカこそインデックス投資一択なのである。

なんでこんな記事を書いたのかって???

理由はこうだ

・金融リテラシーが高いと思っていたまっそー、実は上記のことを知らずに元本割れのリスクのない貯蓄型のDC年金の商品を選んでいた。

・私の同僚や後輩や先輩も、ほとんど上記のことを知らずに貯蓄型のDC年金の商品を選んでいた。

・そしてその差は約800万前後であろうと予想するに足る根拠が、過去の実績であるということ。。。

借金するのは私は嫌いだし、反対なのであるが、無駄な貯金をする必要もない。

なぜならサラリーマンは上記のように老後はたっぷりと甘い蜜を吸えるからだ。

ニッポン最高である。

ではまた。。

NO IMAGE