新型コロナウイルス:テレビや新聞を見るバカに正論を言ってはいけない

  • 2020年3月8日
  • 2020年3月8日
  • 雑記
  • 455View
  • 2件

テレビとか新聞とかゴミメディアからの情報を見てギャーギャー騒いでいるバカども。実に滑稽である。

しかし、世界はそんなバカどもで溢れている。

まずは、まっそー流に従って、私がコロナウイルスについて誰を信じるかが重要である。だって私も例に漏れずバカだから。

https://newspicks.com/news/4681900/body/

この辺である。

決して新聞やテレビなどではない。

現状としては、致死率がインフルエンザの約10倍ということを考慮しても、日常生活になんら支障がないレベルである。1週間に新規感染者が1万~5万程度になった時は、それ相応の対策をすべきだが、今はしなくてよい。それが結論だ。

だって今は1か月で400人程度の感染者数だからな。程度の差を理解しろよ。

マスクがどうとか、消毒がどうとか、騒ぎすぎなのである。

マスクがたいして効果ないことなど、調べればわかるだろう。

イベントやコンサートが中止とかしているが、現状でそれをやるのが適当であると仮定すると、毎年冬は一歩も外に出てはいけないということになる。

やはり滑稽でバカで、納豆を混ぜた時の白いネバネバよりも価値がない愚か者の思考である。

リスクを数値化できないバカども。

全く、不安という感情はお金になるのだなぁと思う。

日常生活では、常にリスクがある。当たり前である。

生活する為にはある程度のリスクは承知の上で行動するのだ。

例えば毎年5,000人弱が死亡する交通事故、実に怖い。だが生活がそれ相応に便利になるのであれば車を運転するというリスクはしょってもいいだろう。

例えば毎年約20,000人程度が死亡する、自殺、実に怖い。だが生活がそれ相応に便利になるのであれば、仕事もするし、学校にも行くし、結婚もするだろう。

自殺の原因が借金や鬱や過労や家族内の不和、だったとしても。

リスクというのはどの程度か数値化する、そしてそのリスクを負ってもいいかどうか判断する。それでいいのではないか。

今回の新型コロナウイルスの2020年3月8日時点ではどうか?

ザコなリスクしかないので全く例年通り過ごせばよいことがバカでもわかる。

なのに、コンサート中止したりアホみたいにマスクしたりしている。

バカのオンパレードである。バカのミルフィーユケーキである。

実は、この件で盛大に嫁さんとケンカしてしまった。

本題はここからなのである。

嫁さんは例に漏れず新型コロナウイルスに過剰に敏感になっている。

やれ不急でないならジムに行くな、飲みにいくな。と。ありえない。

私からすると本当にバカバカしいので真実を教えてあげているのである。

全くビビる必要がない。子供がどうこう言っているが、よほどインフルエンザの方が怖い。

でも通用しない。理解しようとしない。なんていうことだ。。。

ここでの最適行動は、諦めて適当に相手に合わせる。だったのだ。

両学長の原因自分論を忘れていた。。

私は嫁さんを説得しようとしていた。

相手を変えようと思っていた。教えてあげようと思っていた。

それが悪かったのだ。。。反省。

コロナウイルスの件1つをとっても、バカは世の中の人間の多数派である。

正論を言っても聞いてくれるとは限らない。

怖い現実である。

新聞やテレビが儲かる理由がよく理解できた。

バカばっかりなので、適当に報道していれば儲かる。

正論を言う人間などはそこから排除すればよい。

まぁ実際に武田邦彦は排除されているからね。

車を1回運転することと、飲みに行くこと。いわんや仕事すること。

私は現在どれもたいしたリスクではないから、そのリスクぐらいは負って人生を楽しみたいのである。それが最適解だからである。

酒とジムでの運動。これを奪うのであれば相応のリスクでないといけないのである。

リスクであればどんなリスクでも、どんなに確率が低くても、なるべく避ける。

それはバカがやることなのである。

そして、自分にとっての正論はいつでも振りかざすのではなく、利用するべきなのである。

自戒を込めて。

ただ、ケンカしたって言う時は言うし、こうやってブログを書いている理由は、1%にでも良い情報が伝われば良いし、それが私にとって気持ち良いことだからである。

だからそこのアナタ、新聞とかテレビ見るのやめろ。あれは漫才だと思って見るのがちょうどよいエンタメなのだから。

NO IMAGE