一番不要不急なのは「緊急事態宣言と自粛」

  • 2021年5月11日
  • 2021年5月11日
  • 雑記
  • 120View
  • 0件

自粛って、いつまでやるの?意味あるの?

不要不急って何?

なんて思っている人はいらっしゃるだろう。

ズバッとぶった切っていきます。

結論、不要不急なものなんて存在しない。あるとすれば食事と睡眠と排泄か?

リスクゼロ中毒に侵されたバカどもを見ているとホトホト呆れる。

善良なバカはメディアに騙されコロナを過剰に怖がる。

緊急事態宣言と自粛が何をしているかあなたは知っているのだろうか?いや、90%以上の善良なバカ国民は知らないと思うのでお伝えしておこう。

余命短い高齢者をちょこ~~~っとだけ延命して、若者を殺している。

去年は10年以上ぶりに日本の死者数は減りました。

自殺者数は増えました。

今年はもっと死者数が減って自殺者数は増えるかもしれない。

そう。緊急事態宣言、自粛で経済を殺すと自殺者が増える。つまり若者を殺すことになる。不景気=自殺者増加は数字で証明されている。

自殺する人にも家庭、子供ってもんがあったりするんだぞ。

そんなことすら知らないおバカちゃんたち。お前らのアタマの沸き具合が緊急事態そのものである(笑)

自粛は仕方ない。命が最優先!とか言ってるバカども聞いているか?

自粛が若者を殺していることに気づいているか?

もう少し命を最優先に考えて頂きたいものだw

なんにでも程度ってもんがある。

命は大事である。まぁ、そうかもしれないな。

では高齢者と赤ん坊の命はどちらが大事ですか?

私個人的には赤ん坊の命の方が大事だと思う。

皆さんはいかがだろうか?

高齢者を延命して若者を殺すことについてどうお考えなのかと聞いているのだよ。

こんなに豊かな現代日本において、不要不急じゃないものなど存在しないだろう。

3密!!!カラオケ、飲み会ダメ!!!自粛万歳!!

だからさぁ、お前は若者の命より高齢者の命の方が大事だと言っていることに気づけよ。クソ恥ずかしいバカだな。

ちなみに、コロナよりも毎年のインフルエンザの方が高齢者も若者も死んでいるけどな。それもわかって発言しろよ。

もし明日100%大地震がくるとわかっているのであれば、その時は緊急事態だろう。不要不急な会食は控えて地震に備えて避難でもなんでもするべきだ。

コロナはそういうものではない。

コロナなんて別にちょっと新しい風邪ぐらいのもんである。

高齢者はコロナでも、老衰でも、インフルエンザでも、普通の風邪でも死ぬ。

高齢者(疾患があればなおさら)とはそういうものだ。

若者は違う。上記全てほとんど死なない。

少ないが若者も死んでいる!というバカがいるが、それはインフルエンザでも死んでいるし、もっと言えば新型コロナよりもインフルエンザの方が多く死んでいる。

再度であるが、なんにでも程度ってもんがある。とるべきリスクというものがある。

交通事故でも人は死ぬ。

インフルエンザでもコロナでも死ぬ。

電車の脱線事故でも死ぬ。

だからって、日本から車、電車、飛行機、全てなくすべきか?

そうすれば交通事故で死ぬリスクは減らせる、電車の脱線事故で死ぬリスクは減らせるぞ。でも当たり前だがなくすべきではない。

理由はとるべきリスクだからである。

そんなリスクを減らすと原始時代に戻るしかなくなる。

そうしたらもっと違うリスクが高まって平均寿命は短くなるだろうよ。

文明の発達によって人間の寿命は延びて豊かな世界になっているのに、逆行してどうするのだ。原始時代のサルを目指しているのだろうか。

クソメディアに影響されてコロナ怖い怖い言っている頭お花畑の国民よ。

目を覚ましてはいかがでしょうか。

コロナ自粛の不景気によって経済的に困窮して、自殺する人の気持ちを少しは想像してみてはいかがだろうか。

そんな想像力すらないのか?

自粛の向こう側にあるのはそういう現実なのだよ。

不要不急。誰にとっての?

誰にとっての?というのは超尊敬するとつげき東北氏の「もっともおいしいカフェオレ」から引用させて頂いた。

今ググったらブログが出てこなかったので、とつげき東北書籍を読めば記載があります。カフェオレ問題というものです。

場を支配する「悪の論理」技法  買って読みましょう。

NO IMAGE