CATEGORY

本のレビュー

  • 2020年5月7日
  • 2020年5月8日

書評:朝日新聞 日本型組織の崩壊

朝日新聞は大企業であり、クソ企業である。 しかし、それは朝日新聞に限ったことではなく、副題にある通り、日本型組織こそがクソなのである。だから多数の企業にあてはまるはずである。 結論から言うと、朝日新聞は典型的クソ企業である。 トップが責任をとらないくせに、トップが最終判断をし、誰もそれに文句を言えな […]

  • 2020年5月5日
  • 2020年5月5日

書評:昭和史

ブログをメモ帳代わりに使って何が悪い? 昭和史という書籍を読んだ。 私のような凡人では読むのにおおよそ4時間超かかっており、しかも内容は95%以上は理解していない。間違いない。 もう少し歴史の授業をマジメに受ければよかったと後悔している。 素晴らしい自慢をかましたところで、要点のみメモっていく。 ① […]

  • 2020年5月1日
  • 2020年5月3日

書評:数学女子 智香が教える 〈マンガ〉仕事で数字を使うって、こういうことです。

こちらの書籍は超実践的で、超役に立つ。 なぜか? ビジネス上の漠然とした「傾向」を数字で分析できる、素人でもできる手法、単回帰分析を教えてくれるからだ。 例えばこんなことはないだろうか? 営業職で、担当している顧客の数、層、タイミングも同じ土俵で争っている営業それぞれに違う。だから営業としての力と、 […]

  • 2020年4月29日
  • 2020年5月3日

書評:山口組の平成史 ヤクザが支える日本の治安と検察の横暴

山口組の平成史 (ちくま新書 1472) [ 山之内 幸夫 ]価格:902円(税込、送料無料) (2020/5/3時点) 山口組の平成史という本を読んだ。 私は全然ヤクザの世界を知らない。この本を読んで少しだけ知った。 事実を言う。 現山口組組長、司忍は、バリバリの武闘派弘道会出身である。 侵略と暴 […]

  • 2020年3月8日
  • 2020年3月8日

書評:国策操作 暴走する特捜検察と餌食にされた人たち 青木 理

非常に良い本である 世の中の95%以上のバカどもはこの本を読んで改心しよう 日本で三権分立が全く機能していない現実 ホリエモンが捕まる理由 カルロスゴーンが人質司法によって長期拘束される理由 どうせバカどもは何も知らない だが、この本を読めば日本の検察、裁判所が「やばすぎ」ることに気が付くであろう […]

  • 2019年9月10日
  • 2019年9月10日

政治家の殺し方 中田宏

これも面白かった。2002~2009年横浜市長を務めた人である。 これも恥ずかしながら私は、なんか見たことある人かなぁ。 って感じでした。 横浜市の財政再建をミッションとして頑張る。 その結果色々な既得権益層を破壊したことで様々な嫌がらせやでっち上げ、不倫騒動などと戦う過程が書かれている。 その経験 […]

  • 2019年9月9日
  • 2020年2月10日

新聞・テレビは「データ」でウソをつく 武田邦彦

これ、面白いです! 私はあまりテレビを見ないのですが、なんとなく顔は見たことあるような気がします。が、全然覚えてません。本当にテレビは最近見ないので。 さくっと本の内容紹介します。私が気に入った所だけ。 【警察発表のトリックと、それを垂れ流す新聞テレビ】 交通事故の死亡者減少について。 確かに死亡者 […]

  • 2019年8月24日
  • 2020年2月10日

賢くお金を使う人がやっていること 大江英樹

書評第二段。 この本は一言で言うと、初心者向けの本です。 貯金したいなら給与天引き一択 に比べるとはるかに初心者向けです。 要は95%の庶民には非常に有益な本である。 無料というワナ。00円以上買ったら駐車場代が無料です。 そのワナに言及してます。 アパレルショップがセールする時、あえてセール品では […]

  • 2019年8月17日
  • 2020年5月3日

貯金したいなら給料天引き一択。菅井敏之 お金が貯まるのは、どっち!?

本のレビューを記事にしちゃおうという試みです。 お金が貯まるのは、どっち!? お金に好かれる人、嫌われる人の法則 [ 菅井敏之 ]価格:1430円(税込、送料無料) (2020/5/3時点) そこのあなた!ネタがないんだろうとか言わないで。 本を読んでレビュー書くことによって、ブログのネタにもなるし […]

NO IMAGE