自分の人生60点で満足するという価値観

  • 2020年7月14日
  • 2020年7月14日
  • 雑記
  • 204View
  • 0件

いつも通り結論からいきましょうか。

私は人生60点で満足している。

私はなんの取柄もない。

何か1つでも優秀なこと、得意なことは1つもない。

ただ、それなりに平均点ちょい上ぐらいは何でも取っている。

冷静に考えて何の価値もない人間である。

それで、何か悪いのだろうか。知らんけど。私はそれでいいと言うだけの話である。

20代の時は違った。

仕事で理不尽なことがあると、心の中では本気でキレていた。

サボりまくっている後輩がいると、何でやねん!って思っていた。

今は違う。理不尽なことがあっても、そういうもんだよね。そういう人もいるよね。ぐらいの感覚なのである。

遊びの対象となり、笑いの対象となってしまったのである。

あなたにこの感覚はわかるだろうか?

原因自分論を忘れたくない。他人は変えられないのだ。

それが、少しは身に染みてわかってきたということだろう。

思いっきり逆説を言うのであるが、私はこう思っている。

他人は変えられないかもしれないが、変えたい。気づきの種を蒔きたい。

私の発言や、発信や、何かを感じて、人生が1%でも良くなってほしい、改善してほしい。

もはや宗教レベルで傲慢な話である。

でも、それでいい。

私は私でいい。

たった1人でも、このブログを読んで人生が1%以上良くなってくれれば、そんな幸せはないのではないでしょうか。

その為にテクニックを披露する。

たいしたことではない。ただし、私のコンセプトは、凡人でもできるテクニックだ。

イチローになりたい、などと言うことはおこがましいのである。言うのは自由なのだが、意味がない。価値がない。再現性が低い。

そんなこと言いだしたらなんでもアリになってしまう。

自分が凡人と理解した上で、自分はどうすればよりよくなれるのか?

一歩でもよいので幸せに近づけることができるのであろうか?

そういう問いをしていきたい。

例えばお金の勉強とかっていうのは、私自身、このブログの大きなテーマにしているつもりである。

ただ、結論から言ってしまうと、ぼったくられず、共働きすればいいだけの話である。

共働きで世帯年収500万オーバーは簡単である。独身なら年収は300万でOKだ。

片輪で500万オーバーであれば難しいかもしれない。

世帯年収500万以上あれば、日本で最低限の生活レベルは完全に保証される。

そういう金額なのである。500万は。

では違うケースはどうか?

例えばシングルマザー。これは結構しんどい。

養育費なんて元旦那がちゃんと支払ってくれないかもしれない。

実家に戻らないといけないかもしれない。

必死に働いても年収500万オーバーはまぁまぁハードルが高い。

その上で、子育てと家事をしろと言うのか?

どれだけ女性を奴隷扱いすれば気が済むのか?

それがシングルの現実である。

稼ぐ能力が低いのであれば共働きしよう。

シングルはハードなので、パートナー選びを頑張ろう。

たった、それだけ。それだけすれば人生はハードモードから抜けられる。

でも、それが結構難しいんだよね。

過去には戻れないから。

あの時はこの人って思っても、実際は違ったかもしれない。

そんな時にどうすればよいのか?

そんな時にこそ、この言葉を知ってほしい。

「今日が残りの人生で一番若い日」

自殺する人はお金がない人ではない。

明日が今日よりも悪くなる、良くなることがないと確信した人だ。

どんな時にでも、明日への希望を信じれる人間が生き残ることができる。

立派な宗教の話はやめてくれって?

たまにはいいだろう。

あなたにも、あなたなりの宗教の話があるんだろうから。

そういう自分の軸があるのであれば、誰に何を言われようが、そのままでいい。

他人など、そういう意味でもどうでも良い存在である。

他人の思想など、関係ない。

自分の、自分だけの人生の軸。やりたいこと、伝えたいこと、悔しいこと、

そんな全てを認めていい。

他の誰でもないのだから、自分の人生を評価する人間は。

こんなことを言う私だって、能力が低いから、自分の軸をちゃんと持てないから。

理不尽に上司に怒られるとやはり腹が立つし、メンタルがやられる。

俺にはこんな価値があるんだ!ってアピールしたくなる。

その一方、俺はイケてるから誰に評価されるとか関係なく、自分が思う通りに仕事がしたい。

なんてクッソ矛盾しているのだろうか私は。

でもそれでいいのだ。

それが人間なのである。

そんなことを全て否定しまうと、おかしくなってしまう。

太宰治なんて、ただの薬物中毒で浮気不倫野郎で自殺が趣味の人間なのだから。

そんな人が賞賛されるのである。

私は太宰治なんて何も魅力を感じない。

でも魅力を感じる人もいるし、それでいい。

人間なんて、ほとんど矛盾しているのが当たり前なのだから。

全く矛盾がない人間、それは凡人ではないので、われわれ凡人には理解ができない、関係がない人間である。

太宰のように。

NO IMAGE