結婚を考えてない10~20代女性が学ぶべきカリスマ【工藤恵子】

  • 2021年5月26日
  • 2021年5月26日
  • 雑記
  • 121View
  • 0件

A子さんは10~20代まで結婚を真剣に考えていなかった。容姿はそこそこキレイな自信はある。ただ、付き合って7年の彼氏と31歳で別れることになってしまった。

結婚はしたい、子供もほしいなと思っているけど、あれ。。。探してもなかなかイイ男と付き合えない。今までは彼氏がいてもイケてる男からモテてたのに。。

なんで??私まぁまぁキレイなのに!なぜか既婚者と遊び目的の男ばっかりにモテるようになった。誠実でそこそこ経済力のある男性と結婚したい、そんなに高望みじゃないはずなのに、全く振り向いてもらえない。。なぜ??

そうこうしているうちに、33歳になっちゃった。。もしかして、私まぁまぁの男と結婚できないのかも。。。。

そんな悲劇は日本全国で日々起きているはずだ。

現代女性の致命的な勘違い。それは年齢が価値だと言うことに気づくのが遅すぎることである。大卒で普通に働いて、彼氏もできて、でも別れて、気づけば28歳。まだ婚活市場で価値があると考えるのは勘違いも甚だしい。

動物的に女性の出産適齢期は18~26歳ぐらいである。男は結婚相手の女性に何を望んでいるのか。それを知ればよい。

結婚戦略は、10代から考えるべきなのだ。そして結婚したい、したくないなど自分で決めて戦略を練ればよい。別に結婚すべきと言ってる訳でもない。

26歳ぐらいまでが結婚相手の女性としての価値のピークであるというバカでもわかる真実に、30歳前後になってから気づくこと。それが一番不幸なのである。もうダメです。年齢はどうやっても戻らないのだから。

素晴らしい教科書がある。まったくもってYouTubeは素晴らしい。こんな超優良コンテンツが無料で見れるのだから。

全ての中学校の必須科目として教科書にのって学ぶべき人生の重要なお勉強ができる。それが工藤恵子である。

いわゆる婚活、結婚相談所の経営者である。

日本は先進国アルアルの例に漏れず、初婚年齢が遅れている。30歳ぐらいだ。

工藤恵子の魅力は、ハッキリと事実を伝えてくれることである。

経営者として儲かることだけを考えているのであれば、こんなマジ真実を言えない。儲からなくなるからだ。

・結婚は同レベルの男女でしか成立しない

・デブ女はマジクソ論外なのでまず痩せろボケ

・35歳女は50歳前後の男からしかオファーはこない。同年代のバツイチ男を狙う方がよい

などなど。完璧すぎる真実を伝えてくれる。

結婚という競争で重要なこと。それは男女ともに動物であるという観点である。

男は健康で若い女を狙う。当たり前だ。子孫を残す為だから。ヤルだけなら30オーバーの女でいいのだよ。冒頭のA子さんが既婚者や遊び目的の男にモテるようになったのはそういう理由である。つまり本命としては価値がないということだ。

こういう女性が発言する「既婚者しかいい人がいない」は誤りである。正しくは「遊び相手としてしかお前はモテない」である。

胸が大きくて垂れていない、髪が長くて艶がある。それは若い証拠。

くびれている。それは妊娠していない証拠。

男が惹かれる理由は動物的本能で説明ができる。なぜなら大昔は年齢など聞いてもわからないからだ。そこで若くて妊娠していない健康な女性に魅力を感じるように、判断できるように男はインプットされている。ただそれだけの話である。

ついでに男の話もしておこうか。女性から見た結婚相手の男性に求めるものは何か?自分と子供を守ってくれそうな男。そういう男に魅力を感じるようにインプットされている。

具体的には、体が大きくて強い。稼ぎが良い。誠実である。などだ。

昔は一夫多妻なので、女は男の体の浮気には甘い。だって一夫多妻なら普通だからだ。それよりも自分と子供をちゃんと食わせてくれて、敵から身を守ってくれる男に価値を感じる。

なぜプロ野球選手が才色兼備の女子アナと結婚できるのか、もうわかっただろう。稼ぎが良くて強い。ただそれだけだ。誠実さというのは女からしても判断が難しいのだろう。だからプロ野球選手は結婚市場で無双できる。ただそれだけの話だ(2回目)

よく思う。こういうことを知らないバカな高齢夫婦が40歳オーバーで子供を産んで、ダウン症だった。みたいな。38歳から妊活して43歳で諦める、みたいな。どんだけバカなのだろうか。シンプルに人生戦略を立てるのが遅すぎる。

別に若い夫婦からでもダウン症の子供は産まれる。ただ確率が異常なレベルで違う。リスクと言っていい。

ダウン症の子供であれば、親より先に死ぬ確率が高い。親としてこんなに辛いことはないだろう。障害でもなんでもあってもいいが、自分より早く子どもが死ぬ辛さは想像に絶する。女性が36歳を超えると、急激に流産率、ダウン症率は上がる。よくニュースで芸能人が40歳オーバーで妊娠したと発表されるが、勘違いしてはならない。芸能人だろうが何だろうが、その裏にはそれ相応のリスクが存在している。

どれだけ見た目が若くても、卵子は年と共に老化する。

私は子どもはいらないんです!!それもよかろう。ただし結婚市場では男には一切モテない。なぜなら男で結婚相手の女性に出産を望まないのは50歳前後のバツイチ男性ぐらいだからだ。だから普通に一生結婚せずに恋愛でもしておけばよいのである。その方が健全と言うものだ。

誰も結婚、出産が正義などと言っていない。高齢夫婦をバカにしている訳でもない。独身貴族も良いだろう。

シンプルに結婚市場での競争原理を理解しろと言っている。そしてそれは中学生ぐらいで勉強しておくべきだと言っている。

工藤恵子さんも商売上の相手しているのは30歳オーバーが多いが、はっきり言っている。女は20代のうちに結婚しとけばそこそこ上玉男をゲットできる。35歳になってババ引くよりもいいんじゃねぇの?って。

工藤恵子さんのような人生で本当にめっちゃ勉強になる、知っておくべき真実を教えてくれる人はそうそういない。

年齢というものは、巻き戻せないからだ。工藤恵子さんの情報は若くして知らなければ価値がない。

両学長依頼の衝撃であった。ホンモノのインフルエンサーとは工藤恵子さんのようなお方を言うのだ。マジで社会貢献の塊です。

ちなみに、工藤恵子さんのYouTubeは男でもめっちゃ勉強になります。

ではまた。

NO IMAGE