相手に信頼される電話応対のコツはたった1つ

さてさて

本日も塾を開催していきましょう←え?

例のごとく、まずはグーグル先生に聞いてみましょうね。

https://furikake.doda.jp/article/2018/09/10/44.html

こちら、電話応対 コツ で検索した時のトップに出てきました

コメントは後にして、次いきますか

https://next.rikunabi.com/journal/20171101_s01/

こちら、電話 マナーでトップに出てきました リクルートのサイトですね

もうお腹一杯なんですが、もう1ついきます

こちら、電話応対 ビジネス でのトップに出てきました

これらのサイトにコメントしますか

低レベル過ぎて話にならない

もっと言うと、こんなこと参考にしてもクソの役にも立たないですマジで

上記のサイトには、言葉遣いや、メモや、敬語の使い方などが大事とか書いてあります。

しかし、私の経験上、これは真実ですが決して役に立ちません。

なぜかと言うと、言葉遣いや、メモや、敬語の使い方が下手くそなことが理由でクレームになったり、相手に信頼されないことはほとんどないからです!

言葉遣いもメモも、敬語も、まったくもってできない人などいないんですよ。

みんな最低限はできるんですよ。

だから意味がないんですよ。効果がないんですよね。差別化や相手との信頼にはつながりません。

じゃあどうすればいいのか?

電話応対の極意、真実をぶっちゃけます

極意「早くとれ」

それだけです。←本当かよって思いますか?

ここで庶民はブラウザバックします。

ちょっと待ってください。理由を説明します。

電話が鳴ったらすぐにとればいいのです。

でもね。本当にこれができる人って少ないんです。だから価値があり、相手に信頼されるんです。効果的なんです。

現代社会では、固定電話で電話をとることは少なくなってきました。

取引先だろうがなんだろうが、直接携帯電話でやりとりする時代です。

ここに差が生まれるのですよ。

携帯電話では、すぐに出るかどうか、出なかった場合折り返しの電話がいつくるか、それが死ぬほど大事なんですよ。

出れる時は誰でも3コール以内に出れます。そんなの簡単です。

差が出るのはそこではありません。

出れない時に差が出るのです。

出れない時、あなたは商談中ですか?運転中ですか?打合せ、会議ですか?それともトイレですか?

いいや、出れるけど相手の番号を見て、あとでいいやと思ってませんか?

相手はそんなこと知りません。知ってたら電話しません。

知ってたら、その用事が終わってから電話かけるでしょうね。神かw

電話の折り返しスピード、それは相手への信頼関係構築に直結します。

待て待て、それは営業職だけに言えることじゃないのか?

そういう声も聞こえてきますね。

私は事務員だから関係ない?

私は技術職だから関係ない?

そんなのウソです。

携帯電話を持って仕事をしている全ての人間に当てはまるのだよ。

考えたらわかるでしょう。

事務員が営業の携帯に電話した時でも。

技術職が上司、事務員に電話した時でも。

あなた達はわかっているはずです。

Aさんはいつも折り返しが遅いな。

B君はいつも折り返しが早いな。

その蓄積が信頼関係なのだよ

例えば折り返しが1時間後の場合、AさんとB君では圧倒的な差があります。

Aさんの場合、相手は「いつも通り遅いな」と思います。

B君の場合、相手は「本当に電話がとれない状況なんだな」と思います。

電話に出れない場合でも、ショートメールを送ったりできる状況であればするべきです。相手へのレスポンスは信頼構築になります。


ただの事実なんですが。

仕事ができない人間ほど折り返しは遅いです。

仕事ができる人間ほど折り返しは早いです。

例外はたまにはあるかもしれませんが80%以上当てはまります。

→俺調べだが何か?


しかも、当たり前ですが仕事ができる人間ほど忙しいのです。

それでもほとんどこの法則が成り立つ理由、ヒントは上に書いてます。

出れる状態なのに「あとでいいや」

これですよ。今あなた、ビクっとしましたね?

バレてないと思っているかもしれませんが、相手にはバレバレですよ。

仕事ができない人間は、できる人間よりヒマなはず。だから電話に出る確率も、折り返し速度も、仕事できない人間の方が早くないとおかしいです。

なのに、電話の折り返しは仕事できる人間の方が早いのって、矛盾してますよね?

その原因が、「あとでいいや」です。

相手と信頼を構築する電話応対の極意。

「あとでいいや」をやめ、出れない時でもなるべく早く折り返し電話すること。

これだけで他人と差がつけれるので、効果があります。

効果がありますの意味がわからない?

そうですか。

営業職はわかるが、技術職や事務員には関係ない?

自分に与えられた業務をこなせば金をもらえる?

うーーん。残念な思考ですね。

技術職でも事務員でも、「相手」が社内の人間でも、信頼関係が必要なんですよ。それがお金をもらうということです。

それもわからないんですか?本当ですか?

そんなあなたはAI、IOT時代に間違いなく駆逐されます(進撃の巨人風)


NO IMAGE