書評:山口組の平成史 ヤクザが支える日本の治安と検察の横暴

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山口組の平成史 (ちくま新書 1472) [ 山之内 幸夫 ]
価格:902円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)


山口組の平成史という本を読んだ。

私は全然ヤクザの世界を知らない。この本を読んで少しだけ知った。

事実を言う。

現山口組組長、司忍は、バリバリの武闘派弘道会出身である。

侵略と暴力で権力を得たのだ。

山口組組長の選出(代替わり)はいつもドロドロだったが、司忍は過去に例を見ない、満場一致で組長になった。言わば超実力派である。

そんな司忍が望んだのは、意外にも「平和」だった。

敵対勢力と次々と交友関係を築いていったのである。

ところで、検察はどうか。

過去の書評でも記したのだが、ここでも検察は暴力をふるったのだ。

司忍含め、当時の山口組組長後継者候補になる、お偉いさん幹部を次々に逮捕した。

それが、あまりにムリヤリな理由だったので、一審では無罪もかなり出た。

だが検察は許さない。何度も再審にするのだ。事実上の有罪強要ということだ。

検察に目をつけられて有罪にならないことは、数字上ありえない。例えば査察調査なんて、100%有罪だ。

2014年では、ヤクザ全体の年商が8兆円ともいわれており、それは全世界のマフィア組織含めぶっちぎりの1位、2位に10倍の差をつけているのだそうな。

私の勤めている業界全体の年商よりも高い。

ヤクザは現在では本当に斜陽産業である。だがそれでもいまだ巨大産業なのである。

日本が世界的に見てもすごーーく治安が良いこと。

日本のヤクザは世界のマフィアと比べて違う点、それは存在自体は認められていること。事務所に代紋を掲げているだけでは犯罪にならないという点。

この2つはおそらく相関関係があるだろう。

司忍が言っている。

俺たちはいつでも地下にもぐれる。でもそうはしたくない。

世の中のはぐれモノを受け入れることは、ヤクザの仕事の一部である。と。

確かにヤクザが覚せい剤の売買で利益を得ていたら、それはムカつくかもしれない。ただし、その苛立ちと同じように、ヤクザがいることによる治安維持にも感謝しなければいけない。

一方だけを見て判断するのはただのバカである。

日本の治安はヤクザが支えているかもしれないのだから。

をれをもっとも表したのが、司忍の友好戦略なのだ。

どうせバカどもは知らないから教えてやるよ(私も全く知りませんでした)

ではまた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山口組の平成史 (ちくま新書 1472) [ 山之内 幸夫 ]
価格:902円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)


NO IMAGE