【成功率100%】仕事の成果を約10%あげる方法

りゅうけん並にうさんくさいですよね。

ただし、私はウソつきません。

ちゃんと、「約」10%って言ってるじゃん。

早速結論から行きましょうね。

仕事の成果を10%あげる、しかも誰でも絶対に成功する方法。


昼飯抜くことです

簡単でしょ?

ロジックを超絶適当に語っていきます。

ヒトって、生物学的に、食べると休むよう脳にインプットされてます。

眠くなります。判断力が低下します。

腹いっぱい食っても眠くならず、集中力が低下しないというあなた。

もう続きは見なくていいですよ。そして天才ですね。

(当然生物学など私は一切知りません)

逆に、腹減ってる時は集中力が増します。なぜか?獲物を「集中力をあげて」取りにいかないといけないからです。

本能とは、そういうものです。抗えないのですよ。

それをテクとして使えばいいんです。

昼飯抜くなんてこと、誰だって100%できます。やろうとすればいいだけです。なんの努力もいりません。

昼飯&昼休憩の時間が約1時間と仮定します。

年間実働250日とします。

250時間浮きます。実働にして30日ほどですね。

年間1ヶ月ぶん、他人と差がつけられるということですよ。

その浮いた時間どうするか?なぁに、特別なことをする必要はありません。普段通りにすればいいのです。

仕事するもよし、休憩するのもよし、仮眠するのもよし。

昼飯食うことが、どれだけ無駄な時間を生むか、想像したことありますか?

弁当なら、毎朝用意する時間。

買いにいくなら、コンビニ等に買いにいく時間。

店なら、店に入って注文して待ってる時間。

そして、食べる時間。

それだけではありませんよ。

食べたら、トイレに行く時間も増えるんじゃないですかね?

ハッキリ言って時間の無駄です。

確かに、すごくレベルが高く、仕事ができる人の中でも、毎日昼飯食う人もたくさーーーんいることでしょう。

ただ、それがどうしたというのか?そんなことで私を論破したつもりか?だせえな。

私は、天才になる方法など教えていない。

クソ野郎でも、誰でも成果を約10%あげる方法を教えているのだよ。

なに例外や天才を取り出しているのだ?意味がないし関係ない。

反論したぶるのはやめとけ。

得意の論点すり替えだろ?アホはとつげき東北にボコられてこいや。

何も私はプライベートの時まで昼飯抜けなど言ってません。

昼飯抜けば誰でも成果が10%あがると言っているだけだ。

誰でも、というのがすごーく大事なポイントであり価値である。気づけ。

しょうもない自己啓発本や、「天才」の仕事の仕方など、覚えても何も意味がない。

なぜかと言うと、凡人に対して再現性が低いからだよ。

私もくっそ凡人である。

イチローが天才なのは、才能もその他も天才だからである。

そして、こんなこと書いて、読んだ人が100人いても、実行できる人は10人以下なことも私は知っている。

逆に、10%も響けば御の字である。


私は新人社員に言ったことがあるんですよ。成果出したいなら昼飯抜けと。

でもその新人は実行しませんでした。

別にどうでもいいです。イチ個人など。

私が応援したいのは、行動を変えることができる人だからです。

間違えて失敗してもいいんですよ。

昼飯抜いて効果が実感できなければやめればいいんですよ。

デメリットゼロ、メリットは約10%。

どこにやらない理由がある?

NO IMAGE